フラワーデザイナーの仕事

View Post

ハンドメイド販売サイト

View Post

成果の出やすいお店

View Post

ショップ名 ロゴ作り

View Post

価格を決める大切なポイント

View Post

コンセプト・ターゲットを検討

View Post

ハンドメイドデザイナーにお勧め
ソーシャルメディア3選

View Post

お勧めのBLOGアプリ3選

View Post

お勧めのWebアプリ3選

View Post

女性の起業(副業)とお金の管理

View Post

レッスンカリキュラムと料金設定

View Post

フラワーデザイナーの仕事とは
フラワーデザイナーを目指す方のために、花のプロが解説していきます。まずはフラワーデザイナーについて前に、いったい花にはどんな種類があるのか説明していきます。

花の種類について

フレッシュフラワー(ドライフラワー

自分の生活の中に取り入れたデザインをします。 生のお花は水揚げと保水が大切です。季節の お花の生命力と香りが楽しめます。花の美しさは、 正面だけではなく、横姿・後ろ姿・葉の裏面・ 根などにもあります。歴史は一番古いです。

アーティフィシャルフラワー

「アートフラワー」「シルクフラワー」「造花」と 呼ばれる花で、2000年初期にアーティフィシャル フラワーと名称が生まれました。素材はポリエス テルで造られ、生花をリアルに再現され 美しい 色合いを表現されています。

プリザーブドフラワー

“プリザーブド” とは “保存” という意味。生花の 水分を抜き特殊液と専用染料で着色したまるで 生花のようなしなやかさを長い間楽しむことができる花冠カットされた状態のお花です。 約15年の歴史です。

ソラフラワー

“ソラ”の木の皮で造られたお花です。 吸収力があるのでフレグランスオイル等香りとの相性が良いです。近年人気の花材です。

ドライフラワー

“自然の花(生花)”を乾燥させたものです。 近年ではハーバリウムやキャンドルと合わせたデザインが楽しめます。

フラワーデザイナーの仕事とは? 解説
シーンに合わせた花やつぼみ、植物の茎、葉、根等を使用する事で特徴が活かされ空間が演出されます。 フラワーデザイナーに取って一番重要なポイントは、 シーンに合わせた花々を使用するだけでなく自身のブランドカラーを取り入れながらもお客様のご要望に合わせた作品を仕上げる事が出来る技術と応用力を持ち合わせている事です。 ビジネスシーンだけではなく、ライフスタイルにも花を取り入れる事でさらなる花の世界を知り、自身のブランドカラーをより作り上げる事が出来ます。 フラワーデザイナーは花本来の美しさをさらに引き出し、 独自のデザインを追求し多くの人々を笑顔に出来る分野です。

フラワーデザイン

歴史

花やグリーンは、@宗教行事の象徴 A病気の治療 B魔除け C美容と芳花など古くから日常生活に大切な役割をはたしていました。 20世紀初頭には、日本の生け花から葉や茎のラインの使い方に影響されました。フラワーフォームが紹介されると共に保存性が良い新しい栽培方法が導入され、たくさんの花やグリーンは人々からいっそう求められるようになりました。現在では、様々な分野に活用されています。

フラワーデザインとは? 花、葉、枝など、植物を素材としたあらゆる造形表現を意味します。


*フラワーデザイナーの役割
1. 花、葉、枝など、植物を素材としたあらゆる造形表現の楽しみを伝える。
2. 目的に応じてあらゆる生活空間の中にとりいれて役立てる。
3. 植物の生命感で、心と体のリフレッシュに役立てる。
4. 植物の香り色から、心理や行動にやる気を働きかける。

仕事

Point

花をデザインすることによって、その美しさをいっそう引き出すことです。 見た目の美しさだけではなく、さまざまな点で質の良さを考えなくてはなりません。 色彩、形、大きさ、テクスチャー、全体の調和やまとまりなど。 構成 外観 素材 組み立てがフラワーデザインの構成要素です。


*フラワーデザイナー仕事の詳細
@ Everyday life テーブルフラワー、壁面の飾り、鉢物の飾り、クリスマス、誕生日などの行事の花...  
A Fashion コーサージ、ブートニア、ブーケ、ヘアドレス...
B Ceremony 結婚式の花、式場の祭壇など。披露宴のメインテーブル、キャンドルオブメモリー、ケーキテーブル...
C Display ウインドウ、店内のディスプレイ、ホテルその他の公共の場のスペースデザイン...
D Creation 自己の世界観を表現

フラワーデザイン資格取得者 デザイナーとしての仕事

専門的な花の知識と技術を学ぶことでご自身の財産となり自信につながり、社会や文化を豊にする仕事に繋がっていきます。最初から上手くはいきませんが、他人と比べないで自分の目標を決めて行動しましょう!

Point

*フラワーデザイナーとして知識と技術を生かす仕事

プロのデザイナーとして仕事をする!


  1. キャリアアップ
    専門知識と技術を生かして店舗やイベントのディスプレイ・ホテルの生け込み・撮影用スタイリング
  2. ネットショップ
    ブライダルブーケからブートニア、アレンジメントやヘアドレスを制作してインターネットショップで販売
  3. イベントに参加
    手作り作品をハンドメイドマルシャに出店又はご自身でイベント・マーケットを主催
  4. 企業デザイン 
    フラワーデザイナーとして企業様から依頼で作品を商品化
  5. 海外でデザイナー活動
    独自のデザイン力を生かして世界で活躍

フラワーデザイン資格取得者 指導者しての仕事

専門的な花の知識と技術を学ぶことでご自身の財産となり自信につながり、社会や文化を豊にする仕事に繋がっていきます。小さな一歩からはじめましょう!

Point

*指導者として知識と技術を生かす仕事

プロの指導者して仕事をする!


  1. サロンスクール教室主宰
    自宅・貸店舗・レンタルスペース等、自分に合った場所を探し小さなサロンスクール形式のお教室をはじめる。最初はお友達やみじかな人を誘ってはじめるといいでしょう。
  2. カルチャースクール
    カルチャースクール・高齢者施設・企業研修・学校でのサークル活動等、講師依頼がくることもあります。
  3. 通信教育
    遠方・海外の生徒さんにインターネットを活用した学習方法。場所を借りる手間もないので費用も削減できます。
  4. キッズ花育 
    子供たちの創造力を引き出し花の楽しさを教える。
  5. ボランティア活動
    自主的な活動として大きな意義があります。

ご安心ください!
お金をかけずに独学で花の勉強をしたい方は、先ずはYouTubeを見て学んでください。 これからも一生懸命良いコンテンツを作るので、
ぜひよろしくお願いいたします。
花資格に興味のある方は、入会金・年会費・更新料が無料の慈善事業で運営する花の協会がおすすめです。 幅広い専門知識や高度な技術を習得して起業する。インテリアに関するフラワーアレンジメント技術を学びたい、基礎からフラワーアレンジメントを学びたい、フラワーアレンジメントの価値を更に高めるフラワーラッピングを学びたいなど、JFLAでは幅広い検定・資格が学べますので自身の目的に合わせて最適な検定・資格を選ぶことが出来ます。
一般社団法人日本花資格協会